ドルフィンSLT-3輪ビックスクーター

スカイウェーブタイプビックスクータートライク ドルフィン (SLT)250cc & 200cc

ドルフィンSLT-3輪ビックスクーター

スカイウェーブタイプビックスクータートライク ドルフィン (SLT)250cc & 200cc
3輪トライクードルフィン

ドルフィンSLT

3輪トライクードルフィン

スカイウェーブタイプビックスクータートライク ドルフィン (SLT)250cc & 200cc
迫力と、走りと、感動は、ゆるがない
まさにビックスクータータイプの3輪トライクの名にふさわしい迫力のボディーをかねそなえた「ドルフィンSLT」
そのボディー全体をカウルで覆いその迫力と存在感は、けっしててゆるがないものです。
そのボディーを起動する心臓部には、水冷250ccと空冷200ccの2タイプのエンジンをラインナップし、全車オートマモデルによりその走りと操作性には抜かりはありません。
一つ上のビックスクータータイプの3輪トライクを体感したいならぜひこちらをおすすめいたします。

カラー:ブラック、ホワイト、ワインレッド
排気量:200cc、水冷250cc
乗って楽しいトライク!スクータータイプなので、女性でも手軽に取り回しができます。 これからのシーズンはトライクで通勤や買い物。2輪車と違い、倒れる心配がないので、 後ろにお子さんを乗せても安心です。
2輪免許不要です。免許は、普通自動車免許で乗れます。(AT限定でもOKです)
■ ヘルメットの着用義務はありませんが...(でもカブって欲しいです。安全の為に)
■ 高速道路でも一般道路でも二人乗りできます。
■ 自賠責保険、任意保険、税金は、軽2輪と同じなので経済的です。

ドルフィンLT

人気シリーズ 200ccビックスクータートライクドルフィン
3輪ビックスクータートライク

200ccビックスクータービックスクータートライクドルフィン ( LT) 200 cc

人気シリーズ 200ccビックスクータートライクドルフィン
スタイリッシュな流れるようなフルカウルボディー。2人乗りもOKなストリートトライク 。
街乗りからツーリングまでこなすビックスクータートライク。

■ 2輪免許不要!免許は、普通自動車免許で運転OK!(AT限定でもOK)
■ ヘルメットの着用義務はなし!(カブってもOK!)
■ 高速道路でも一般道路でも二人乗りOK!
■ 自賠責保険、任意保険、税金は、軽2輪と同じで経済的!
■ 車庫証明不要!自賠責保険加入後、住民票と三文判があれば、簡単に登録できます。
(地域により、写真、諸元表が必要な所もあります。)

200ccビックスクータートライク ドルフィン
ブラック / ホワイト / メタリックブルー / シルバー / メタリックレッド/メタリックイエロー / ガンメタ

SaCHS MADASS 125cc

特徴的なスタイルのドイツ125ccバイク
ザックスバイク

Madass 125cc1886年ドイツ、ザックスバイクは前身である”ヘラクレス・ヴェルケ”として創業。世界でも最古参のバイクメーカーです。
1905年には最初のモーターサイクルが完成し、バイクメーカーとしての歩みを始めました。
1960年台、ヘラクレス(ザックス)はレース活動においての黄金期を迎えます。
ファクトリー、プライベートあわせて1000を超える勝利、そして200を超える表彰台獲得はいかにマシンの性能が優れていたのかを雄弁に語っていると言えます。
この頃から、有名なバブルカー『メッサーシュミットKR200』のエンジンを供給するなど、デザインの優れた、独創的なプロダクトを多く手がけるようになっていきます。
1970年、バイクとしては世界初のロータリーエンジン搭載車『WANKEL-2000』を発表。
2000年には、ハンス・ムート氏を設立メンバーに持つドイツの有名デザインラボ、『ターゲットデザイン』とコラボレートし、『The Beast』を発表。
そして2004年、同じく『ターゲットデザイン』による『MADASS』を発表。『MADASS』シリーズは翌2005年より、世界で販売を開始。
ザックスバイクは2012年に創業126年を迎える、現在では『MADASS』シリーズをはじめとした個性的なミニバイク、そしてモペットや電動アシスト自転車など、オシャレなシティコミューターを中心としたラインナップを持ち、ヨーロッパをはじめ世界中で人気を博しています。そのネットワークは今なお広がりをみせています。
世界で最も古い自動二輪製造メーカー、ドイツ・ザックスバイクが販売している個性的なMADASS125ccバイクです。
縦2灯ヘッドライト、フュエルタンクがビルトインされたメインフレーム、シート下に伸びるマフラーなど、ドイツ・ターゲットデザイン社が手がけた特徴的なスタイルは、注目度抜群!
高品質な125ccのパワフルなエンジンはクリーンかつ低燃費で、通勤・通学からツーリングまで、シーンを選ばずに活躍します。
125ccスクーターなら標識などで最高速度が指定されていない道路で クルマと同じ時速60kmで走ることができます。
50ccと違い二段階右折の必要もありませんので、クルマの流れに乗って走ることができます。
税金や保険料もお得で、軽自動車税は年間1,600円です。
自賠責保険やバイク保険は契約条件が同じなら50ccスクーターも125ccスクーターも同額です。
クルマや大型バイクを新たに手に入れるより小さなステップで済むかと思います。
二人乗りで出掛けられます。一人で行動していたときの気軽さを二人で共有してください。 (普通二輪および125限定免許を取得して1年後から、 二人人乗りが可能になります。)

1it racing 4バルブ(legacy model)

レーシングモデルはレース仕様で公道での走行の許可はうけることが出来ません。

“1it(ウォンイット)”とは、トライクファクトリージャパンが現在販売しているフラッグシップモデルのトライク。こちらの車両も自社で企画、デザインから設計、車両製作まで一貫して行っている車両。
前2輪後1輪のトライクの運動性能の高さは世界的に有名である。かつ自社にて足回り、ボディ設計の改良を行っている。パイプフレームのモノコックボディ、ダブルウィッシュボーン式の足回り、プッシュロッド式のサスペンション懸架方式等、心躍らせるパッケージングになっている。
世界的には”リバーストライク”の名称で親しまれる前2輪後1輪のトライク。国内登録は”250ccの側車付自動2輪”となる。
※尚車両名の “1it(ウォンイット)”は、”Want it(欲しい!)”の略称。

    Back to top