ブログ

最新情報

ビーチマッド
BEACH MAD Goods Press web版 &GP produced by press トライクファクトリージャパン
ビーチマッド
トライクファクトリージャパン ベロシフェロ ビーチマッド BeachMad

今も色褪せない魅力を放つオールドジープ。ただいくら好きでも「近くのコンビニや駅まで」とキーをひねるのは、このエコな時代、ためらうかもしれない。

でも、電気で動くエコで小っちゃなジープなら? 「またそんな夢みたいなことを……」。

いいえ、それ、あるんです!

なりは小さくても、ナンバーを取得して公道を走ることができ(ひとり乗り)、公道以外ならふたり乗りも可能。登録車種は「ミニカー」となり、ヘルメットは不要。

そんな我々の願いを叶えた“ちょい乗り電動ジープ”を2台紹介しよう。

豊富なオプションパーツで自分流にカスタマイズ

トライクファクトリージャパン「EV Mini Jeep」

これは模型やラジコンではない。人を乗せて公道を走れるれっきとした本物。

もともとガソリン車の「Mini Jeep」を製造・販売していたトライクファクトリージャパンが開発した電気自動車「EV Mini Jeep」だ。

アクセルとブレーキだけで、ギアを変える必要はないからAT免許限定でも乗れる。1回の充電で約100km走れて、最高速度は約50km/h。これなら普段のお買い物もラクラクだ。

もちろん排気ガスは一切出さず、充電は家庭用コンセント(100V)からできる。

これだけでも気になる存在だが、大きな魅力は、ガソリン車時代から用意されてきた多種多様なオプションで、自分だけの一台に仕上げられること。
例えばミニトレーラーやフロントに付けるショベル、オーバーフェンダーやサイドステップ、セパレートシート、USB充電ポート…。モーターの出力を上げる(1200W/1500W/1800W/2200W)こともできる。 EVミニジープ ミニジープの登録 EVミニジープの速度 ミニジープパーツ
トライクファクトリジャパン製
日本初! ルーフ付電動ミニジープ「ビッグフォース」の登場です。 ・ホロには防水製の布を使用 ・折り畳み式 ・大容量バッテリー ・ビッグリアキャリア <大容量バッテリー> 1回の充電で、なんと100kmも走行できます。(運転の仕方、路面状況によって異なります) ミニジープのメーカーとして、お客様のご要望にお応えし開発しました。 電動カーで気になるのが、充電切れですが、 1回の充電で100kmも走行できれば、かなり楽しめて行動範囲もひろがります! 日本初! ルーフ付電動ミニジープ「ビッグフォース」の登場です。 ・ホロには防水製の布を使用 ・折り畳み式 天候に応じて自由に開閉ができるとても便利なホロです。 例えば… 日差しの暑い夏に、日よけとして。 紫外線の気になる方々にも、とってもうれしい機能です。 また、走行中に突然雨が降ってきてしまったら雨避けにもできます。 しかも、開閉がカンタンなので雨がやんだり、風が吹いてきたら、すぐに折り畳むことができます。 まさに、至れり尽くせりのホロ付電動ミニジープなのです。

日本初! ルーフ付電動ミニジープ「ビッグフォース」の登場です。
・ホロには防水製の布を使用
・折り畳み式
天候に応じて自由に開閉ができるとても便利なホロです。
例えば…
日差しの暑い夏に、日よけとして。
紫外線の気になる方々にも、とってもうれしい機能です。
また、走行中に突然雨が降ってきてしまったら雨避けにもできます。
しかも、開閉がカンタンなので雨がやんだり、風が吹いてきたら、すぐに折り畳むことができます。
まさに、至れり尽くせりのホロ付電動ミニジープなのです。

日本初! ルーフ付電動ミニジープ「ビッグフォース」の登場です。<大容量バッテリー> 1回の充電で、なんと100kmも走行できます。(運転の仕方、路面状況によって異なります) ミニジープのメーカーとして、お客様のご要望にお応えし開発しました。 電動カーで気になるのが、充電切れですが、 1回の充電で100kmも走行できれば、かなり楽しめて行動範囲もひろがります!

しかも… この沖縄の電動ビッグフォース(EVミニジープ)トライクファクトリー製には、

・大容量バッテリー

・ビッグリアキャリア

が搭載されています。

<EVミニカー大容量バッテリー>レンタル向け電動ミニジープには最適

1回の充電で、なんと100kmも走行できます。(運転の仕方、路面状況によって異なります)
ミニジープのメーカーとして、お客様のご要望にお応えし開発しました。

電動カーで気になるのが、充電切れですが、
1回の充電で100kmも走行できれば、かなり楽しめて行動範囲もひろがります!

 

大容量バッテリーEVミニジープ又EVミニカーには専用PSE認証アダプターが必要となります。それらの機器も準備しております。

大容量バッテリーEVミニジープEVミニカーには専用PSE認証アダプターが必要となります。それらの機器も準備しております。

<ビッグリアキャリア> 従来のオプションパーツのリアキャリアよりも、 さらに大きなリアキャリアが搭載されています。 バッグや上着など、より多くの荷物を積むことができますね。 この画期的な電動ビッグフォースは、沖縄の販売店が取り扱っておりますが、、 沖縄の方々に大変好評です。 これらのことを考えると... 個人様でお使いになるのはもちろんですが、レンタルにも最適です。

<ビッグリアキャリア>トライクファクトリー製ミニジープ

従来のオプションパーツのリアキャリアよりも、
さらに大きなリアキャリアが搭載されています。

バッグや上着など、より多くの荷物を積むことができますね。

この画期的な電動ビッグフォースは、沖縄の販売店が取り扱っておりますが、、
沖縄の方々に大変好評です。

これらのことを考えると...
個人様でお使いになるのはもちろんですが、レンタルにも最適です。

レンタルにピッタリな理由とは

トライクファクトリージャパン製ミニジープでは、お客様からのご要望に応じて、 このようなOEM製品も承っております。

トライクファクトリージャパンでは、お客様からのご要望に応じて、
このようなOEM製品も承っております。

[…]
EVミニジープ_ミニカー_EVミニコブラヘッドレスト基準国土交通省-カートに対する安全基準改正_ミニカーかじ取衝撃吸収2021年4月
公道を走行するカートと(ミニカー、ミニジープ、ミニコブラ、クラシクカーLOLO)について、他の交通からの視認性の向上及びシートベルトの設置義務化等の安全確保策を講じるため、道路運送車両の保安基準等を改正し、四輪原動機付自転車等の安全基準を拡充・強化します。公道を走行するカートについては、外国人観光客を中心とした運転者による利用が増加していますが、それに伴い、都内をはじめ複数の事故が発生しているところです。
 こうした状況を踏まえ、今般、当該カートについて、他の交通からの視認性の向上及びシートベルトの設置義務化等の安全確保策を講じるため、道路運送車両の保安基準等を改正し、四輪原動機付自転車等の安全基準を拡充・強化します。

1.保安基準等の主な改正項目(※ 改正の詳細については別紙をご覧ください。)
 (1)他の車両からの視認性の向上対策
     ・ 被視認性向上部品の設置義務化
     ・ 夜間被視認性向上灯火器の義務化
 (2)乗員保護に関する安全性向上対策
     ・ 座席ベルトの装備義務化
     ・ 頭部後傾抑止装置の装備義務化
     ・ かじ取り衝撃吸収構造の義務化
 (3)その他の安全性向上対策
     ・ 回転部分の突出を禁止
 
2.公布・施行
 公 布 :4月27日(本日)
 施 行 :4月27日(※各基準の適用日については別紙参照)

道路運送車両の保安基準の一部を改正する省令及び
道路運送車両の保安基準の細目を定める告示等の一部を改正する告示について
1.改正の背景
道路運送車両法(昭和 26 年法律第 185 号)において原動機付自転車に区分される公道を走行する
カートにあっては、外国人観光客らが運転する車両を中心に事故が相次いだことから、運転者の安
全を確保するため、車両安全対策検討会の下に設置した「四輪原動機付自転車安全対策ワーキング
グループ」において、四輪原動機付自転車等の安全対策の検討を行った結果、昨年 12 月に対策の内
容がとりまとめられた。
今般、この検討の結果を踏まえた対応を行うため、道路運送車両の保安基準(昭和 26 年運輸省令
第 67 号)、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示(平成 14 年国土交通省告示第 619 号)等の
改正を行うこととする。
2.改正の概要
三輪及び四輪の原動機付自転車の安全性を向上させるため、以下のように保安基準を定める旨の
改正を行うほか、所要の改正を行う。
【適用範囲】
三輪又は四輪の原動機付自転車
【概要】
対策 定める基準の概要 基準の対象車両
被視認性向上部品の設置
義務化
地上から1m 以上の高さにおいて、前
後・左右から見ても一定の面積が視認
できる構造となっていること
座席の地上からの高さが
500mm 未満の三輪又は四輪
の原動機付自転車(またが
り式座席のものは除く)
夜間被視認性向上灯火器
の義務化
尾灯を構造物の最大高さ付近に取り付
けること
座席ベルトの装備義務化
2点式又は3点式の座席ベルトを装備
すること
三輪又は四輪の原動機付
自転車(またがり式座席の
ものは除く)
頭部後傾抑止装置の装備
義務化
頭部後傾抑止装置(ヘッドレスト)を
装備すること
かじ取衝撃吸収構造の義
務化
かじ取装置が衝撃を吸収する構造とな
っていること
三輪又は四輪の原動機付
自転車(バーハンドル式は
除く)
回転部分の突出を禁止
車体からタイヤが突出しない構造とな
っていること
三輪又は四輪の原動機付
自転車

【適用時期】
対策 新車への適用時期 使用過程車への適用時期
被視認性向上部品の設置義務化
夜間被視認性向上灯火器の義務化 平成 32 年4月1日
座席ベルトの装備
義務化
2点式又は3点式
3点式
平成 33 年4月1日 適用なし
頭部後傾抑止装置の装備義務化
かじ取衝撃吸収構造の義務化
回転部分の突出を禁止
3.スケジュール
公 布:平成 30 年4月 27 日
施 行:平成 30 年4月 27 日

https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000273.html

平 成 3 0 年 4 月 2 7 日
自 動 車 局 技 術 政 策 課
公道を走行するカートの安全基準を強化します
- 道路運送車両の保安基準等の一部改正について -

公道を走行するカートについては、外国人観光客を中心とした運転者による利用が増加していま
すが、それに伴い、都内をはじめ複数の事故が発生しているところです。
こうした状況を踏まえ、今般、当該カートについて、他の交通からの視認性の向上及びシートベル
トの設置義務化等の安全確保策を講じるため、道路運送車両の保安基準等を改正し、四輪原動機
付自転車等の安全基準を拡充・強化します。

1.保安基準等の主な改正項目(※ 改正の詳細については別紙をご覧ください。)
(1)他の車両からの視認性の向上対策
・ 被視認性向上部品の設置義務化
・ 夜間被視認性向上灯火器の義務化
(2)乗員保護に関する安全性向上対策
・ 座席ベルトの装備義務化
・ 頭部後傾抑止装置の装備義務化
・ かじ取り衝撃吸収構造の義務化
(3)その他の安全性向上対策
・ 回転部分の突出を禁止
2.公布・施行
公 布 :4月27日(本日)
施 行 :4月27日(※各基準の適用日については別紙参照)
公道を走行するカートについて、他の交通からの視認性の向上及びシートベルトの設置
義務化等の安全確保策を講じるため、道路運送車両の保安基準等を改正し、四輪原動機
付自転車等の安全基準を拡充・強化します。
問い合わせ先
自動車局 技術政策課 齋藤、中里
代表:03-5253-8602ーーー> 2021年国土交通省安全課電話番号
直通:03-5253-8591、FAX 03-5253-1639

https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000273.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①ヘッドレスト
②シートベルト
③かじ取衝撃吸収
④尾灯
⑤被視認性向上部品
⑥回転部分突出の防止(オーバーフェンダー)

補足説明:

ミニカーに対する安全基準について

①視認性
 地面からシート座面までの高さが500mm以下の車両の場合、
 前後左右から一定の面積が視認できる構造であること

 また上部には尾灯がついていることが必要である

 視認面積:縦 300mm […]

“1it(ウォンイット)”とは、トライクファクトリージャパンが現在販売しているフラッグシップモデルのトライク。こちらの車両も自社で企画、デザインから設計、車両製作まで一貫して行っている車両。
前2輪後1輪のトライクの運動性能の高さは世界的に有名である。かつ自社にて足回り、ボディ設計の改良を行っている。パイプフレームのモノコックボディ、ダブルウィッシュボーン式の足回り、プッシュロッド式のサスペンション懸架方式等、心躍らせるパッケージングになっている。
世界的には”リバーストライク”の名称で親しまれる前2輪後1輪のトライク。国内登録は”250ccの側車付自動2輪”となる。
※尚車両名の “1it(ウォンイット)”は、”Want it(欲しい!)”の略称。

間もなく訪れる春に向けて!
雪も降るまだまだ寒い時期ですが、これを越えれば“春”です!
春と言えば、暖か陽気。暖か陽気と言えば、外に出たくなる。外に出ると言えば、行楽・ドライブ・ツーリング!!
少々無理があるような気がしますが、バイカーにはいい季節となります。ムズムズしてきますね。
そんな春を迎える前のこの時期に、まだバイクなどをお持ちでない皆様、今年こそオーナーになってみてはいかがでしょうか。
弊社では2輪、3輪、4輪とさまざまなアイテムを揃えております。
ライフスタイル、ご予算などに応じていろいろ選んで頂けます。
さらに...
弊社で取り扱う車輌のうち3輪、4輪車は「普通自動車免許」で乗れてしまうので、
わざわざ2輪の免許をとる必要がありません。
もちろん車検もいりません。
維持費も低コストでお楽しみ頂けます。
春がやってきたら、もうすぐにもGO!です。
あなたのオーナーライフがスタートしますよ。

新型チョッパー ウェスター

250ccのスタイリッシュなアメリカンタイプのバイク入荷しました。
インジェクション仕様で、メッキパーツもよく、エンジンも最高です。
「今までに日本でない」 「アメリカンタイプのバイクを乗りたいけど、そこまでのお金がない…」 「車検は払いたくない」 「だけどその気分が味わいたい!」「いい雰囲気のアメリカンタイプのバイクに乗りたい」という方のために。
価格はてごろで¥448,000(税別)です。
在庫は、マット白とマットモスグリーンの2色です。
カスタムベース車両としても!

スタッフより

皆様お待たせしました。
ウェスターを入荷しました。
ウェスターを乗ってみませんか、
まず、エンジンのレスポンスがいい、
250ccでチョッパータイプ アメリカンスタイルを車検なしであじわえる、
インジェクション仕様で、メッキパーツもよく、エンジンも最高ですね!

Back to top
Translate »