Author Archive: zandi

Author Archives for zandi

  • 2021年1月17日
  • Not categorized
  • Posted by
  • Comments Off on 2021年トライクファクトリジャパン代理店、販売店
2021年ミニカー安全基準(国道交通省)完了しております。
代理店一覧

ミニカー販売店。トライク。DTV、 電動イタリアン、EV DTV , などを下記に販売店にご注文できます。

日頃より弊社とともに商品展開をしていただいている各地の店舗様におかれまして、お客様へのサポートや対応をいただき、トライクファクトリージャパンとしましては心強く、大変感謝しております。いつもありがとうございます。しかし残念ながら、中にはこのチームワークを乱し、チームが困惑するような行為をすることがらが発生しております。弊社としては、このようなことは望んでおりません。チームとしてルールを逸脱する行為をされる店舗に対しては、パートナーとしての関係を存続できないと感じております。場合によっては、別々の道を歩むこともやむを得ないことかと判断しております。このようなことを、この場で表現することに対しては不本意ではありますが、弊社の商品を気に入って楽しんでいただいている、あるいはこれから楽しもうと考えていらっしゃるお客様へは、お伝えしなければならないと思い、ご報告をさせていただきました。つきましては、弊社の商品にご興味があり、これから購入のご検討やお問合せを最寄りの店舗へいただく場合は、一旦、トライクファクトリージャパンまでお問合せいただければ幸いです。TEL 0561-65-5386 / info@scooter.co.jp弊社は、まだまだ微力であり、皆様に十分満足していただけるところまで至っていないかもしれませんが、これからも皆様に喜んでいただける商品づくりを努めてまいります。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。トライクファクトリージャパン

<北海道地方>

■販売協力店

有限会社ツーアンドフォー(Auto Studio 2 and 4)
〒059-1301
北海道苫小牧市東開町3丁目19-3
TEL 0144-55-0110
FAX 0144-57-1795
Email as2and4@gmail.com
ホームページ http://as2and4.com/

サイクルプラザ さの
〒074-0003
北海道深川市三条11番11号
TEL 0164-23-2081
FAX 0164-23-3728
Email c-p-sano@silk.plala.or.jp

らいだーすさろんBUM金沢
〒086-1050
北海道標津郡中標津町東十条北1-1-6
TEL 0153?72-1749
FAX 0153?72-1950
Email bum@vmail.plala.or.jp

[...]
EVミニジープ_ミニカー_EVミニコブラヘッドレスト基準国土交通省-カートに対する安全基準改正_ミニカーかじ取衝撃吸収2021年4月
公道を走行するカートと(ミニカー、ミニジープ、ミニコブラ、クラシクカーLOLO)について、他の交通からの視認性の向上及びシートベルトの設置義務化等の安全確保策を講じるため、道路運送車両の保安基準等を改正し、四輪原動機付自転車等の安全基準を拡充・強化します。公道を走行するカートについては、外国人観光客を中心とした運転者による利用が増加していますが、それに伴い、都内をはじめ複数の事故が発生しているところです。
 こうした状況を踏まえ、今般、当該カートについて、他の交通からの視認性の向上及びシートベルトの設置義務化等の安全確保策を講じるため、道路運送車両の保安基準等を改正し、四輪原動機付自転車等の安全基準を拡充・強化します。

1.保安基準等の主な改正項目(※ 改正の詳細については別紙をご覧ください。)
 (1)他の車両からの視認性の向上対策
     ・ 被視認性向上部品の設置義務化
     ・ 夜間被視認性向上灯火器の義務化
 (2)乗員保護に関する安全性向上対策
     ・ 座席ベルトの装備義務化
     ・ 頭部後傾抑止装置の装備義務化
     ・ かじ取り衝撃吸収構造の義務化
 (3)その他の安全性向上対策
     ・ 回転部分の突出を禁止
 
2.公布・施行
 公 布 :4月27日(本日)
 施 行 :4月27日(※各基準の適用日については別紙参照)

道路運送車両の保安基準の一部を改正する省令及び
道路運送車両の保安基準の細目を定める告示等の一部を改正する告示について
1.改正の背景
道路運送車両法(昭和 26 年法律第 185 号)において原動機付自転車に区分される公道を走行する
カートにあっては、外国人観光客らが運転する車両を中心に事故が相次いだことから、運転者の安
全を確保するため、車両安全対策検討会の下に設置した「四輪原動機付自転車安全対策ワーキング
グループ」において、四輪原動機付自転車等の安全対策の検討を行った結果、昨年 12 月に対策の内
容がとりまとめられた。
今般、この検討の結果を踏まえた対応を行うため、道路運送車両の保安基準(昭和 26 年運輸省令
第 67 号)、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示(平成 14 年国土交通省告示第 619 号)等の
改正を行うこととする。
2.改正の概要
三輪及び四輪の原動機付自転車の安全性を向上させるため、以下のように保安基準を定める旨の
改正を行うほか、所要の改正を行う。
【適用範囲】
三輪又は四輪の原動機付自転車
【概要】
対策 定める基準の概要 基準の対象車両
被視認性向上部品の設置
義務化
地上から1m 以上の高さにおいて、前
後・左右から見ても一定の面積が視認
できる構造となっていること
座席の地上からの高さが
500mm 未満の三輪又は四輪
の原動機付自転車(またが
り式座席のものは除く)
夜間被視認性向上灯火器
の義務化
尾灯を構造物の最大高さ付近に取り付
けること
座席ベルトの装備義務化
2点式又は3点式の座席ベルトを装備
すること
三輪又は四輪の原動機付
自転車(またがり式座席の
ものは除く)
頭部後傾抑止装置の装備
義務化
頭部後傾抑止装置(ヘッドレスト)を
装備すること
かじ取衝撃吸収構造の義
務化
かじ取装置が衝撃を吸収する構造とな
っていること
三輪又は四輪の原動機付
自転車(バーハンドル式は
除く)
回転部分の突出を禁止
車体からタイヤが突出しない構造とな
っていること
三輪又は四輪の原動機付
自転車

【適用時期】
対策 新車への適用時期 使用過程車への適用時期
被視認性向上部品の設置義務化
夜間被視認性向上灯火器の義務化 平成 32 年4月1日
座席ベルトの装備
義務化
2点式又は3点式
3点式
平成 33 年4月1日 適用なし
頭部後傾抑止装置の装備義務化
かじ取衝撃吸収構造の義務化
回転部分の突出を禁止
3.スケジュール
公 布:平成 30 年4月 27 日
施 行:平成 30 年4月 27 日

https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000273.html

平 成 3 0 年 4 月 2 7 日
自 動 車 局 技 術 政 策 課
公道を走行するカートの安全基準を強化します
- 道路運送車両の保安基準等の一部改正について -

公道を走行するカートについては、外国人観光客を中心とした運転者による利用が増加していま
すが、それに伴い、都内をはじめ複数の事故が発生しているところです。
こうした状況を踏まえ、今般、当該カートについて、他の交通からの視認性の向上及びシートベル
トの設置義務化等の安全確保策を講じるため、道路運送車両の保安基準等を改正し、四輪原動機
付自転車等の安全基準を拡充・強化します。

1.保安基準等の主な改正項目(※ 改正の詳細については別紙をご覧ください。)
(1)他の車両からの視認性の向上対策
・ 被視認性向上部品の設置義務化
・ 夜間被視認性向上灯火器の義務化
(2)乗員保護に関する安全性向上対策
・ 座席ベルトの装備義務化
・ 頭部後傾抑止装置の装備義務化
・ かじ取り衝撃吸収構造の義務化
(3)その他の安全性向上対策
・ 回転部分の突出を禁止
2.公布・施行
公 布 :4月27日(本日)
施 行 :4月27日(※各基準の適用日については別紙参照)
公道を走行するカートについて、他の交通からの視認性の向上及びシートベルトの設置
義務化等の安全確保策を講じるため、道路運送車両の保安基準等を改正し、四輪原動機
付自転車等の安全基準を拡充・強化します。
問い合わせ先
自動車局 技術政策課 齋藤、中里
代表:03-5253-8602ーーー> 2021年国土交通省安全課電話番号
直通:03-5253-8591、FAX 03-5253-1639

https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000273.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①ヘッドレスト
②シートベルト
③かじ取衝撃吸収
④尾灯
⑤被視認性向上部品
⑥回転部分突出の防止(オーバーフェンダー)

補足説明:

ミニカーに対する安全基準について

①視認性
 地面からシート座面までの高さが500mm以下の車両の場合、
 前後左右から一定の面積が視認できる構造であること

 また上部には尾灯がついていることが必要である

 視認面積:縦 300mm […]

トライクファクトリーの商品(車両・パーツなど)購入をご検討されているお客様へ

弊社の商品は、ホームページに掲載されております正規販売店でお買い求めください。
弊社の商品であっても、インターネット販売など正規販売店以外からお買い求めいただいた場合は、
販売ルートが特定できず、アフターサポートができかねる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

トライクファクトリーでは、大きく分けて2通りの販売方法で、車両をお客様にご提供しております。
ひとつは、納車前整備点検を実施し、お客様へお届けする場合。 もうひとつは、納車前整備点検をしない状態でお届けする場合です。

納車前整備点検をご依頼された場合は、納車時に必ず整備点検表を販売店にお求めください。
車種により異なりますが、弊社では約30~120点の整備・点検項目がございます。
商品のお受取をされる際には、これらの項目がきちんと実施されているかをご確認ください。
また納車後直ちにテスト走行をしていただき、車体の仕上り状態を確認いただくことをおすすめ致します。
確認の結果、万が一何らかの不具合と判断できる事柄が発生した場合は、直ちにお買い求めいただいた販売店にその状況をお知らせください。
状況に応じてご対応をさせていただきます。
※弊社車両の点検は、有資格者(2級整備士以上)が対応をさせていただいております。

トライクファクトリーのポリシーとしまして、
納車前整備点検を実施する場合は、お客様が安心してご乗車できるよう責任をもって対応することとしております。

しかし、なかにはインターネットなどで弊社の商品が安く販売されている場合があるようです。
販売ルートは特定できませんが、そのような場合、納車前整備点検がきちんと実施されていない可能性がございます。
ご購入前にご自身で十分に確認していただき、ご納得のうえお買い求めください。

また、お客様ご自身での整備点検をご希望される場合は、ご自身の責任においておこなってください。

インターネット販売との価格の差には、それなりの理由がございます。
価格重視によるご購入は、十分にご納得した上でお買い求めいただくことをおすすめ致します。

250cc以下又は車検必要がない乗り物の乗る前点検:

法定点検について国土交通省のホームページ

http://wwwtb.mlit.go.jp/tohoku/mg/sb/sub03_02.html http://wwwtb.mlit.go.jp/tohoku/mg/sb/sub03_04.html

自動車点検整備に関する法律での位置づけについて 
 自動車の安全等に関する保守管理責任は、ユーザーであること(自己管理責任)が道路運送車両法において定められ、同時に日常点検と定期点検が義務付けています。
 車検に合格しても有効期間内の無故障を保証しているものではありませんので、自動車使用者は日常的なチェックを怠ることなく、自動車の安全の確保、公害の防止に努める必要があります。
■ 検査と点検整備について
 車検は、一定期間ごとに行われる検査時において、自動車の安全・環境基準に適合しているかどうかを、国が確認しているものです。
 一方、自動車の点検・整備とは、自動車の保守管理責任はユーザー自身にあること(自己管理責任)から、自動車ユーザー(自動車ユーザーが依頼した整備工場等を含む)が必要な時に点検し、その結果に基づき必要な整備をすることをいいます。
■ 日常点検について 
 日常点検は、ユーザーが自動車を使用する中で、ユーザー自身の責任において日常的に行う点検です。この点検は、運転席に座ったり、エンジンルームをのぞいたり、自動車のまわりを回りながら自動車の状態を見ることによって行うものです。
※日常点検については、こちらをご覧ください。(国土交通省HP・・音声による説明があります。)
■ 定期点検について 
定期点検は、自動車の故障を未然に防ぎ、その性能維持を図るために定期的に行う予防点検です。自家用乗用車の定期点検には、1年点検と2年点検とがあります。
※定期点検については、こちらをご覧ください。(国土交通省HP・・音声による説明があります。)
■ 自動車点検等に関連する主な取り組みについて 
○自動車点検整備推進運動の取り組み 
 日常の点検整備、定期点検整備の推進、

250cc以下又は車検必要がない乗り物の乗る前点検:
  1. 燃料はいてる?
  2. バッテリーが充電できてる?
  3. エンジンのかかりには問題ない?
  4. サイドブレーキに問題ない?
  5. 乗り物を掃除してる?
  6. タイヤの空気圧足りてる?
  7. フロントとリヤー錆びてない?
  8. タイヤにスリップサイン出てない?
  9. チェーン錆びてない?
  10. チェーンに注油してる?
  11. チェーン伸びてない?
  12. エンジンオイル換えてる?
  13. スプロケット擦り減ってない?
  14. 保安部品に問題ない?(ライト、ミラー、ホーン等々)
  15. フロントフォークのダストシールひび割れしてない?
  16. 前輪のブレーキに問題ない?油漏れがない?
  17. 前輪のブレーキに問題ない ?ブレーキパッドに異常がない?
ならし運転を必ず行ってください

 エンジンの性能を最大限にひきだし、車両の信頼性を高め、より快適にお乗りいただくために、 
 以下の事項を必ず実施してください。 
 実施されない場合、エンジンの寿命が短くなったり、エンジン性能が低下する恐れがございます。

 期間 :「3ヶ月」あるいは「1,000km」を目安としてください

 走行 :アクセルは完全に踏み込まず、1/3程度にしてください
 急発進は避けてください
 急ブレーキはできる限り避けてください

バッテリー充電

 頻繁にご使用にならない場合は、1ヶ月半ごとに1回の充電をお願いします 
 0.4Aで最低10 ~ 15時間を目安に充電をおこなってください 
 急速充電の場合は、0.8Aを2時間としてください

  • 2020年11月2日
  • Not categorized
  • Posted by
  • Comments Off on ミニジープ_EVミニジープ メーカー オフィシャルサイト
日本初! ルーフ付電動ミニジープ「ビッグフォース」の登場です。

トライクファクトリージャパンメーカーです。

トライクファクトリージャパンは、2、3、4輪駆動車の開発、製品、販売です。2008年以来、ガソリンと電気エンジンの2つのモデルでミニジープを製造する最初の日本企業です。

ミニジープの誕生以来の歴史ページもこのサイトに確認することができます。

今までの常識を覆すEVのパワーと安定性を実現。ハンドル、アクセル、ブレーキの3種類の操作しかありません。クラッチが無いので、ギアチェンジなどの特殊な操作の必要はありません。車の運転が苦手な人でも、簡単な操作で運転できます。

ミニジープは、専属のデザイナーやエンジニアたちによって開発され、また世界中で販売されています。 TFJは1998年の創業以来、小型モビリティの開発に特化した研究を重ね、数々のコンセプトカーやプロトタイプの開発の末に、2008年に軍用車をモチーフとしたこのビッグフォース(通称:ミニジープ)を発表しました。EVミニジプ2021年日本初ミニジープ大きな昨日同時に

電動ミニジープ大容量バッテリー 1回の充電で、なんと100kmも走行できます。(運転の仕方、路面状況によって異なります) ミニジープのメーカーとして、お客様のご要望にお応えし開発しました。 日本初! ルーフ付電動ミニジープ「ビッグフォース」の登場です。 電動カーで気になるのが、充電切れですが、 1回の充電で100kmも走行できれば、かなり楽しめて行動範囲もひろがります!(レンタル向けに最高マシンです)

ミニジープオフィシャルサイト

日本初ミニジープメーカー2012年から
  • 2020年10月24日
  • Not categorized
  • Posted by
  • Comments Off on ミニジープオフィシャルサイト
お知らせ: 日頃より弊社とともに商品展開をしていただいている各地の店舗様におかれまして、 お客様へのサポートや対応をいただき、トライクファクトリージャパンとしましては心強く、大変感謝しております。 いつもありがとうございます。 しかし残念ながら、中にはこのチームワークを乱し、チームが困惑するような行為をすることがらが発生しております。 弊社としては、このようなことは望んでおりません。 チームとしてルールを逸脱する行為をされる店舗に対しては、パートナーとしての関係を存続できないと感じております。 場合によっては、別々の道を歩むこともやむを得ないことかと判断しております。 このようなことを、この場で表現することに対しては不本意ではありますが、 弊社の商品を気に入って楽しんでいただいている、あるいはこれから楽しもうと考えていらっしゃるお客様へは、 お伝えしなければならないと思い、ご報告をさせていただきました。 つきましては、弊社の商品にご興味があり、これから購入のご検討やお問合せを最寄りの店舗へいただく場合は、 一旦、トライクファクトリージャパンまでお問合せいただければ幸いです。 TEL 0561-65-5386 / info@scooter.co.jp 弊社は、まだまだ微力であり、皆様に十分満足していただけるところまで至っていないかもしれませんが、 これからも皆様に喜んでいただける商品づくりを努めてまいります。 今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。   トライクファクトリージャパン ミニジープ・ビッグフォースは、セミオートマ(ノークラッチ)でミッション車が苦手な方にも、気軽に乗って頂けます。 シフトは、下から <リバース(バック)>、<ニュートラル>、<1速>、<2速>、<3速>とチェンジします。 ※公道を走る為には普通免許以上が必要です。また公道で走る場合は一人乗りとなります。サイドには荷物などを載せることできます。 住所:愛知県瀬戸市八幡町283番地 電話番号:0561-65-5386 営業時間:10:00〜17:00 休日:不定休 代表:加藤 メール:info@scooter.co.jp   ビッグフォース

ビッグフォースは、セミオートマ(ノークラッチ)でミッション車が苦手な方にも、気軽に乗って頂けます。かわいい、ちいさな50ccクラスのミニジープ。 だから、幅広い方に楽しんでもらえると思います。 ジープだからといって、海や山,川ぞい、などのオフロードっぽいところだけでなく、 例えば...コンビニ! 同じ50ccでも、スクーターだと買ったものの置き場所に困ってしまいますよね。 その点こ [...]

ご注意お願します!

トライクファクトリーの商品(車両・パーツなど)購入をご検討されているお客様へ

弊社の商品は、ホームページに掲載されております正規販売店でお買い求めください。
弊社の商品であっても、インターネット販売など正規販売店以外からお買い求めいただいた場合は、
販売ルートが特定できず、アフターサポートができかねる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

トライクファクトリーでは、大きく分けて2通りの販売方法で、車両をお客様にご提供しております。
ひとつは、納車前整備点検を実施し、お客様へお届けする場合。 もうひとつは、納車前整備点検をしない状態でお届けする場合です。

納車前整備点検をご依頼された場合は、納車時に必ず整備点検表を販売店にお求めください。
車種により異なりますが、弊社では約30~120点の整備・点検項目がございます。
商品のお受取をされる際には、これらの項目がきちんと実施されているかをご確認ください。
また納車後直ちにテスト走行をしていただき、車体の仕上り状態を確認いただくことをおすすめ致します。
確認の結果、万が一何らかの不具合と判断できる事柄が発生した場合は、直ちにお買い求めいただいた販売店にその状況をお知らせください。
状況に応じてご対応をさせていただきます。
※弊社車両の点検は、有資格者(2級整備士以上)が対応をさせていただいております。

トライクファクトリーのポリシーとしまして、
納車前整備点検を実施する場合は、お客様が安心してご乗車できるよう責任をもって対応することとしております。

しかし、なかにはインターネットなどで弊社の商品が安く販売されている場合があるようです。
販売ルートは特定できませんが、そのような場合、納車前整備点検がきちんと実施されていない可能性がございます。
ご購入前にご自身で十分に確認していただき、ご納得のうえお買い求めください。

また、お客様ご自身での整備点検をご希望される場合は、ご自身の責任においておこなってください。

インターネット販売との価格の差には、それなりの理由がございます。
価格重視によるご購入は、十分にご納得した上でお買い求めいただくことをおすすめ致します。

250cc以下又は車検必要がない乗り物の乗る前点検:

法定点検について国土交通省のホームページ

http://wwwtb.mlit.go.jp/tohoku/mg/sb/sub03_02.html

[...]

“1it(ウォンイット)”とは、トライクファクトリージャパンが現在販売しているフラッグシップモデルのトライク。こちらの車両も自社で企画、デザインから設計、車両製作まで一貫して行っている車両。
前2輪後1輪のトライクの運動性能の高さは世界的に有名である。かつ自社にて足回り、ボディ設計の改良を行っている。パイプフレームのモノコックボディ、ダブルウィッシュボーン式の足回り、プッシュロッド式のサスペンション懸架方式等、心躍らせるパッケージングになっている。
世界的には”リバーストライク”の名称で親しまれる前2輪後1輪のトライク。国内登録は”250ccの側車付自動2輪”となる。
※尚車両名の “1it(ウォンイット)”は、”Want it(欲しい!)”の略称。

Back to top
Translate »